Advanced Technology of snowboards design.

2024-2025 GRAY SNOWBOARDS.

「FREESTYLE CATEGOLY」の設計コンセプトは、スノーボーディングのベースとなる「ターン性能」を基本に、

さまざまなライディングスタイルのエッセンスをプラスし、カテゴリーの最適なフィーリングを導くという考え方です。

GRAYは、カーヴィングカテゴリーの設計・開発で積み重ねた経験と開発力を、FREESTYLE CATEGOLYのボード開発にフィードバックしています。

さまざまなライディングスタイルや遊び方の方向性があっても、すべてのテクニックはスピードや質の高いターンから生まれるからです。

各カテゴリーの開発ライダー達は、どのように改良すればさらに次のステージへと引き上げてくれるボードになるかを常に考ています。

時には、今までに無い新しい発想で、理想のボードについてディスカッションします。

それらを総合して、一つ一つカタチにしていく作業を一年中行っています。

「CARVING CATEGOLY」では、革新的なメタル・グラスコンビネーションの構造をコアプロファイルとともに熟成。また今シーズンは、

東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「イザナス®」の採用モデルをさらに拡充しました。

そして、トップシートにポリアミド素材を採用することにより、PEほど重くなく適度に軽量ながら優れた振動吸収性を実現しています。

ここ数年、コロナ禍の影響で、秋の中国や初冬の韓国での雪上テストもままなりませんでしたが、

やっとここにきて以前のようなテスト開発体制に戻りつつあります。

開発ライダー達は、すでに25-26モデルのテストを開始しています。

私達はさらなる飛躍、快適で楽しく、気持ち良いライディングために開発を続けています。

GRAY SNOWBOARDS 24-25 LINE UP。

是非、お近くの試乗会にてお試しください。


Gray Snowboards

GRAY SNOWBOARDSは、SurfingとSkateboardingからインスパイアされたスノーボーダー、エンジニアが集まり、気持ち良いソリッドなターンができるスノーボードを目指して1998年に立ち上がったブランド。今では、その独自の設計力とデザイン力で、ハイパフォーマンス・スノーボードブランドとして不動の地位を築いた。アウトラインシェイプはもちろんすべてが独自設計であり、キャンバーアーチにも独自の設計理論でさまざまなトライをしている。計算し尽くされた3次元カーブの組み合わせによる、機能的で美しいシェイプが特徴的であり、さらに組み込む素材も厳選して採用。そして、1/100mm単位のコアプロファイル(ウッドコアの厚さバランスのこと)もすべてが独自設計である。鋭い閃きからくる仮説と、それをひとつひとつ雪上で検証してゆく緻密さこそがGRAYテクノロジーだ。日本国内における高品質ファクトリー生産はもちろんのこと、台湾ファクトリーでの開発コラボレーションもかなり成熟してきたところだ。

Engineered with GRY progressive inspirations

「Engineered with GRY progressive inspirations.」をコンセプトとしたGRY Labプロダクトは、革新的閃き(インスピレーション)をもって設計されるスノーボードである。


FREESTYLE CATEGORY ENGINEERING&TECHNOLOGY

CONSTRUCTION

24/25 GRAY SNOWBOARDSは、全てのモデルがウッドコア・サンドウィッチ構造です。さまざまな種類の木材を組み合わせた「コア組み」を独自に設計し、モデルごとに軽さと強度のバランスを追求しています。また上下の強化材には、ファイバーグラスだけではなく、チタナル素材やカーボン素材、そして東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「イザナス®」を組み合わせることで、より高い剛性としなやかなフィーリングの両立を目指しています。

CONSTRUCTION

REINFORCEMENT/FIBERGLASS&METAL

REINFORCEMENT

FIBERGRASS&METAL

CORE CONSTRUCTION

コアコンストラクション:芯材の構成・込み合わせ。

木材の種類はさまざまで、また産地によっても特性には差があります。ボードのコアにはウッドが最適な素材ではありますが、ボードの各部位によって、求められる特性が異なります。つまり、軽さと強度という相反する要素を、それぞれ高いレベルで実現する必要性があるからです。その為に、強度が必要とされる部位には高密度で高強度なウッドを、そして軽さを求められる部位には軽量なウッドを組み合わせることで、軽量で強度の高いGRAY独自の「100%ウッドの複合コア」を設計しています。

コアコンストラクション

Super Light Core

超軽量ウッドのサワグルミを主体にして、インサート部とエッジ際をメープル材で強化した新しいコア組み。EPICのために新採用され、ファイバーグラスプレートとの相乗効果で、軽さと板の反発を両立。

Ultra Light Core

桐をベースに、両サイドにヒノキをやや広めに組み合わせています。桐は極めて密度が低く、ボードの軽量化には非常に効果がありますが、圧縮強度がやや低いのが難点です。このコンストラクションでは、上下に組み合わせるファイバーグラスを工夫することによって、強度不足を克服。サイド部のヒノキとの相乗効果もあり、最軽量ながらも粘りと反発のある組み合わせとなっています。

STD Core Ⅱ

Paulownia(桐)とライトポプラを相互に組み合わせ、軽量化を計りながらも強度も保っているコア組みです。

Light Core

サワグルミをベースに、インサート部を含むボード中心部をノーズからテールにかけてと、両サイドのエッジ際にソフトメープルを配した組み合わせです。

Radial Sidecut

100%上質のポプラを使用した、軽さと強度のバランスの良いコア。このライトコアには、Quadraxグラスを上部に組み合わせる事により、軽量ながらもターンの粘りと適度な反発の良さを実現しています。

SIDE CUT

TripleRadius Sidecut

一つの大きな円の一部(円弧)を使用したサイドカット。このサイドカットは、まさに万能性のあるサイドカットです。どんなシチュエーションにおいても、ナチュラルでスムースなボードの動きを体感できます。

MultiRadius Sidecut

3つの円弧を組み合せたサイドカット。GRAYでは足元(スタンス間)に小さなRを配置し、ノーズ部とテール部にはそれよりも大きなRを配置しています。ターン導入の時やジブトリックの時には非常にスムースな動きを示し、ライディング時には足元のサイドカットがしっかりと雪をグリップ、そしてターン後半やキッカーでの抜けも極めてスムースです。

MultiRadius Sidecut

5つの円弧を組み合わせた、マルチラディアスサイドカット。スタンス間のボード中心部に最も小さなRを配置し、ノーズ側とテール側にかけて徐々に緩やかなRを配置すると言うスペシャルなサイドカットです。

SHAPE

ノーズとテールの長さ、形状により、3つのグループに分類しています。

Directional Shape

進行方向に対し、はっきりとした方向性を持たせた(Direction)アウトラインシェイプ。ノーズ長をやや長めに取り、さまざまな雪質やコンディションに対応。テール長は、スイッチでのライディングを犠牲にしない程度に比較的短めとなっています。

Directional Twin Shape

DirectionalとTwinの中間的なシェイプ。テールよりも、ノーズを少しだけ長く取り、スピンやスイッチでのライディング感覚を犠牲にしないで、パウダーや悪雪での走破性を高めた、最もオールマイティなシェイプです。

Twin Shape

ノーズとテールがまったく同じ長さ、同じ形状のシェイプ。スイッチでのライディング時に、ノーズ・テールの違いがまったく気になりません。

ARCHES GEOMETRY

SINGLE
CAMBER
SINGLE CAMBER

100%フリーライドの為のキャンバーテック。中央部分が強いRで、接雪点に近づくにつれて緩いRになっています。このことで、ボードのしなりが大きくなるにつれ、接雪点は大きく内側に入ってきて、ボードは反発を得て次のターンへと加速することができます。

ACTIVE
CAMBER
ACTIVE CAMBER

オーソドックスなシングルキャンバーに対して、接雪点近くの緩いR部分を、わずかにストレートにすることにより、荷重時にはさらに接点が内側に入ってくると同時に、ボードの両端での面圧がさらに弱くなり、軽快で取り回しのしやすい高い操作性を実現。足元のキャンバー感をしっかりと残しつつ、遊びのある軽快な操作性が特徴の、次世代アーチ「アクティブキャンバー」。

VARIO
CAMBER
VARIO CAMBER

ボードにかかる圧と、ボードを立てる量(角付け)により、有効エッジ長が大きく変化する、斬新なアーチ形状。従来の接点が大きくボードの内側に設定されています。低速時には短いコンタクトレングスで高い操作性を保ちながら、中高速でのハードなターンでは高いグリップ力を発揮します。

S-CAMBER S-CAMBER

ノーズ先端から前足下までを大きなロッカーRとし、スタンス間にはキャンバーを配置するいったS字型のキャンバー・ロッカー。深雪、圧雪、地形遊びといった、オールマウンテン・フリーライドの為に考えられた「S-Camber」は、 スナップの利いた乗り味と、緩やかなノーズロッカーによる 極めて低い除雪抵抗により、今までに体感したことのない、新しいフィーリングを体感できるだろう。

GULLWING
W CAMBER
GULLWING W CAMBER

V形状のロッカーに、両足下にそれぞれキャンバーを付けることで、全体的にはロッカー形状でありながらも、ノーズ・テールにバネがあります。この複合Rのアーチ形状は、ライディングにも充分に対応しながら、ジブでのスムースさを実現しています。

HYBRID
CAMBER & ROCKER
HYBRID CAMBER & ROCKER

両足の外側は緩やかなロッカーで有りながら、スタンス間はキャンバーという「ハイブリッド・キャンバー・ロッカー」。ロッカー部分は、ルーズなボード取り回しを実現し、ジブセクションやグラトリでは抜群の扱いやすさ。それでいてスタンス間のキャンバー部は、ボードを角付けした時のしっかりとしたエッジングにより、切れるカーヴィングをも手に入れた。まさにロッカーとキャンバーの良い所を併せ持った形状だと言える。

POWDER
ROCKER
POWDER ROCKER

両足下の外側は緩やかなロッカーでありながら、スタンス間はキャンバーという「ハイブリッド」アーチ。ロッカー部分はルーズなボードの取り回しを実現し、ジブセクションやグラトリでは抜群の扱いやすさ。それでいてスタンス間のキャンバー部は、ボードを角付けした時のしっかりとしたエッジングにより、切れるカーヴィングをも手に入れた。まさにロッカーとキャンバーの良い所を併せ持った形状です。

CORE PROFILE

コアプロファイルとは、ノーズ先端からテール後端にかけての、芯材(ウッドコア)の厚さの変化の形状(バランス)です。大きく分けて下記の3つのタイプがあり、タイプによってライディングフィールに特徴があります。

COREPROFILE
Positive

両足スタンス間のコアの厚さが山盛り(または一定)で、前足からノーズ先端部と後ろ足からテール後端部へかけて緩やかにコアが薄くなっていくタイプ。ボード中央部(スタンス間)が比較的高剛性になるため、滑走面全体を広く両足の足裏で感じる事ができ、スピードが上がってきても安定したターンをすることができます。

Even

スタンス間が少しだけ薄くなっているプロファイルです。Positive ProfileとNegative Profileの中間的な特性で、スタンス間でのある程度の剛性を保ちながらも、少しねじれやすくなっていることによって、レスポンスや扱い易さを両立できるプロファイルです。

Negative

スタンス間が極端に薄くなっているプロファイルです。スタンス間が薄くなっていることによって、ターン中のボードのしなり方が、比較的ボード中央付近が多くしなり、クイックなレスポンスを感じることになります。また、スタンス間が薄いことで、ボードのトーションがスタンス間で弱くなり、前足と後ろ足を雪面に対して別々の角付け(前足と後ろ足の動きが少し違う時など)をしたい時にも有効で、ボードに対して微妙な扱い易さを感じることができます。

FLEX

Twin Flex

前後対象なフレックスパターン。センタースタンスにセッティングする事が多い。

Directional Flex

フレックスパターンはテール側が強い。セットバックしたスタンスポジションをとっても、テールのハリがしっかりとある。

STIFFNESS

ボードフレックスを10段階(数字が大きい方が強い)で表しています。N-W-Tはノーズ・ウエスト・テールのフレックスを表しており、NとTの数字が同じ場合はツインフレックス、異なるモデルはディレクショナルフレックスということを表しています。

STIFFNESS

CONVEX BASE

STIFFNESS

スノーボードの滑走面は、そのライディング目的によってフラット~コンベックスであることが重要です。コンケイブ状態ではターンもしづらく、取り回しや操作性が極めて悪化してしまいます。GRAY SNOWBOARDSでは、アルパインモデルを含むすべてのモデルにおいて、滑走面をコンベックス形状(凸)に仕上げています。また、コンベックスの量も、各シリーズによって精密にコントロールされています。

STANCE WIDTH & SETBACK

STANCE WIDTH & SETBACK

GRAYでは、さまざまなスタンス幅やセットバック値をとることができるよう、各シリーズにおいて予め2x4cmでインサートを埋め込んでいます。スタンス幅やセットバック値については、推奨値を設定していません。スノーボードは、ライダーが最も快適なスタンス幅で乗るべきであり、身長や好みでスタンス幅は大きく異なります。また、セットバックについても、好みの量を選んで欲しいと考えています。ボードの乗り味は、セットバック値でも大きく変化し、センタースタンスで乗った時と、セットバックした時とでは、同じボードでもフィーリングが大きく異なります。GRAYでは狭いスタンス幅から広いスタンス幅まで、センタースタンスからセットバックした時まで、さまざまな異なるセッティング時においてもその性能が100%発揮されるようにコア厚を設計し、雪上テストを繰り返しています。


CARVING CATEGORY ENGINEERING&TECHNOLOGY

24-25モデルの開発もまだまだ海外での雪上テストができない中、国内においての限りある時間でのニューモデル開発となりました。すでに昨冬から雪上テストを開始していた「DESPERADO Ti iz」にも、今までのカーボンを東洋紡の超高強力ポリエチレン繊維「イザナス®」に置き換えての採用。新しいコンセプトのアルパインボード「QUADRA II 」は、選手仕様のハイパフォーマンス・レースモデルです。

また、台湾工場製のモデルにおいては、日本製ステンレスエッジを新採用する事で、従来以上にバラツキの少ないコンベックス仕上げとなるなど、品質向上にも力を注いでいます。

CarvingCategolyもまた、求めるスタイルやライディング斜度、速度域にマッチしたレングスをチョイスする事ができるように、今シーズンもラントリ開発チームが一丸となってテスト開発を行いました。

CONSTRUCTION

MACH

■ X形状のカーボンロービングを、コア下部に配置
■ シンタードトップ採用(46,51,54,55wはABSトップ)
■ ステンレスエッジ
MACH

DESPERADO Ti TypeR

QUADRA [57,72]

■ X形状の0.4mmチタナルを上面にインサート
■ シンタードトップ採用
■ 硬度48のスチールエッジ

DESPERADO Ti [iz]

■ 0.4mmチタナルをエッジ際上面にインサート
■超高強力ポリエチレン繊維
「イザナス®」をコア下に装填
■ポリアミド・トップシート採用
■ステンレスエッジ

DESPERADO

■ フルファイバーグラスのカーヴィングマシン
■ 0.5mm ABSトップシート採用
■ ステンレスエッジ

DELIGHT

■ フルファイバーグラスのエントリー向けカーヴィングモデル
■ 0.5mm ICPトップシート採用
■ ステンレスエッジ

QUADRA

QUADRA II

■ 上下0.4mmのチタナルによる、フルメタル・サンドイッチ構造(QUADRA 57, 72は部分メタル)
■ シンタードトップ採用
■ 硬度48のスチールエッジ

TYCOON TypeS [iz]

■ 上下に0.4mmのチタナルによる、フルメタル・サンドイッチ構造
■ 超高強力ポリエチレン繊維「イザナス®」をコア下に装填
■ シンタードトップ採用
■ 硬度48のスチールエッジ

TYCOON

■ 0.4mmチタナルをエッジ際上面にインサート
■ シンタードトップ採用
■ 硬度48のスチールエッジ

FORCE

■ フルファイバーグラスのカーヴィングマシン
■ 0.5mm ABSトップシート採用
■ 硬度48のスチールエッジ


PAGE TOP